水素水と水素サプリの違いは何?

水素水と水素サプリの違いというのはどのような点があるのか見てみますと、まず水素水というのは水素が水の中に溶け込んでいる物を指しています。この水素水を作る製法はいくつかありますが、一般的な方法では加圧式溶存方式が採用されています。この製法は水素ガスを水の中に押し込んで溶け込ませるという物で、他にも分解方式や発生方式という精製方法があるのが特徴です。

水素水のメリットとしては水に含ませているという物ですので、水分補給をしながら水素を摂取でき、日常生活でも気軽な点が挙げられます。一方のデメリットとして挙げられるのは、口に入れた瞬間から水素が変化反応を始めてしまうので、体内に入る前に多数の水素が反応してしまうという事が考えられるでしょう。また水素というのはとても小さな元素ですので、保存方法に気をつける必要があります。ペットボトルなどは一度開封すると空気と反応してしまいますので、早めの消費が求められる点もあります。

体内で水素が発生します。

そして水素サプリの特徴を確認してみますと、錠剤などのサプリメントにする事で体内で水素ガスを発生する物を指しています。体内で水素が発生しますので長時間キープできる点が特徴で、精製岩塩やフラナガン、ゼオライトなどの種類があるのが特徴です。水素サプリのメリットは体内に入るまで水素が反応しませんので、しっかりとお腹まで届ける事が可能な点です。

また水素水とは異なりサプリメント状なので、コンパクトで保管や持ち運びにも最適です。空気反応も起こりにくいですし、開封してすぐに消費する必要もありませんので、自分のペースで摂取する事が出来る点もメリットです。水素水のような水分補給は毎日普通に行なう事ですが、サプリメントは飲み忘れがあるという事も考えられますので、この点はデメリットにもなるかも知れません。このように水素水と水素サプリにはそれぞれメリットやデメリットがありますので、自分に合った方法で摂取するのが効果的でしょう。